ちびCa!®のおうち。

ライター村上香愛のブログです。芸能界で、モデル・悪役など陰でこっそりと活動していた私は、現在、訳あって未婚シンママ。息子はプロのスケート選手を目指し、ママは小説家・絵本作家を目指してライター活動を2016年10月からしています。仕事に育児に頑張るかあちゃん。息子の臭いおならに悶絶うちながら、屁でやり返すお笑い系ママの、ちょっとくさ~い個性香る日常を綴っています。

初詣、お参りの方法といえば?今更聞けない、お参り作法と豆知識

あけましておめでとうございます。2017年になって最初の夜を迎えました。おせち、お年玉、新年のあいさつ・・・新しい始まりの儀式はもうお済の事と思います。私も、朝起きてすぐ子供のお年玉に、親になったのだと実感していたものです。

 

f:id:chibica:20170102011928j:plain

さて、お正月といえば忘れていけない初詣。普段は神様の存在をコロッと忘れている人も、この時だけは忘れませんね。もう初詣を済ませた人もいるのではないのでしょうか?

 

初詣といえば、よく若い人が悩むのがお参りの方法。あれっていったいどうしたらいいの?と気になる人もいるのでは?ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、今回はそのお参りの作法や、それにまつわる豆知識をご紹介したいと思います。

 

 

最初に清めるお水の意味

f:id:chibica:20170102012410j:plain

神社にいくと、手洗い場がありますね。龍の形をしたものなど様々ですが、入り口にあるので気が付くかと思います。本日近所の神社にお参りに行った際、たくさんの行列の脇で数名がその場所で手洗いをしておりました。私が子供の頃教わった話によれば、神様に参る前に手を清めるというもの。しかし、ただ手を洗えばいいというものではないのです。

お清めの手順

まずひしゃくにいっぱいの水を汲みます。溜まっている水ではなく、新しい水を汲んでくださいね。そうしたら、左手に少しだけ水をかけ、右に少だでけかけて両手を清めます。次にひしゃくを持ったまま手首の方に傾け(立てて)ひしゃくの柄の部分・手首を清めます。

 

最後に口を軽くすすいで完成です。手を洗う動作は皆さんしていますが、手首やひしゃくの柄を清めている人はあまり見かけません。正しい意味は忘れてしまいましたが、多くの人がお参りする場所。邪気や邪念を洗い流し自身も後の人の為にも清めるという事だったと思います。

 

氏神様に挨拶しましたか?

 

f:id:chibica:20170102015331j:plain

 

初詣はいったいどこから来たんだと思うほど、多くの人でにぎわっています。大きな神社になればなるほど、有名神社になればなるほどその数は多く、お参りするのに長蛇の列で疲れてしまいますね。ところで、お参りに関してご存知ない若い方も多いのですが、氏神様をご存知でしょうか?氏神様というのはその土地を守っている大切な神様。引っ越しをしたら、まず最初にその土地の神様にご挨拶するのが礼儀です。私は何度か引っ越しをしていますが、決まってその際は氏神様に挨拶にいきます。すぐに行くのがいいのですが、なかなかいけない場合はできるだけ早目にいきましょう。

 

 

初詣も氏神様もそうですが、ご挨拶するときはその神社ごとにお参り作法が違っている場合もあります。最近はお参りの仕方を明記したものを飾ってある神社もありますね。テレビや雑誌などで聞いていた作法と違うなんて思うことも多いかと思いますが、共通して言えるのは神様に感謝するということ。そして、お参りするときに告げなくてはいけないことがあるというものです。

 

名を名乗らぬとは無礼者!

f:id:chibica:20170102014625j:plain

 

お参りするとき、皆さんは願い事をいう人が多いですが叶う願い事をしていない人が非常に多いですね。神様にお参りするときは必ず自分が何者かを名乗る必要があります。初詣は特に多くの人が参るわけですから神様もどこの誰だかわからなくなってしまいます。そこで名前・住所を伝えることが必要です。6歳になった息子も、小さいころから教えているので、本日もきちんと神様にお伝えしてお参りしていました。でも、小さなお子さんだと住所なんてなかなか言えませんね。そこで「●●保育園の~です」といった形でお参りするようにいっております。こうすることで神様に何者かが伝わるので、神様に覚えてもらえるんですね。名乗らないで願掛けなんて無礼者ですよ。

 

 

細かく言えば礼をしてからとか細かな作法ありますが、先にも申し上げたように神社によって多少異なる場合があるのでこの作法だけは覚えておけばいいでしょう。神様って本当大変なんですよ。お参りする列に並んでいる時、お屋根の上をみてみるといらっしゃったりします。え?見えるのって?なんとな~くそこにいらっしゃるような気配がするだけです。まあ、そこは霊感ある血なんでしょうかね。今日ふと見たら横の建物(物置?かなにかわかりませんが)でにこにこ座っている視線を感じたので思わず会釈してしまいました。

 

豆知識

f:id:chibica:20170102013720j:plain

神社の中に「おもかる石」というものがあるところもあります。お地蔵様の形のものもあったりするのですが、座布団のうえにちょこんと置かれた石を見たことがある人もいるのではないでしょうか?有名な所だと伏見稲荷大社ではないかな?私は岐阜県にある弘法大師さまのところにはそのお石があったので、よく参っていました。昔その近所・・・といいほどではないけど近かったのでよく遊びに行っていました。今もあるのかなあ・・

 

おもかる石はさわってご利益をねがったり、持ち上げている方がいますが正しいお参り方法があるんですよね。あれってすご~く不思議な石でして、最初教わった時はびっくりしたものです。

 

最初に石を持ち上げて重さを確認します。次に願い事をいいます。例えば「試験に合格したい」という場合。「今度の試験に合格したいです。合格しますか?合格するならば、上がってください」と撫でながらお尋ねします。そして持ち上げます。次に同じ願い事をもう一度言います。「今度の試験に合格したいです。合格しますか?合格するならば、今度は上がらないでください」と撫でながら願いをかけ、持ち上げましょう。すると不思議な事に願いがかなうのならば重くなっています。持ちあがらなければ叶うというもの。軽々と上がればダメ。かろうじて持ち上がったのならば現在のままでは厳しいけど努力次第で好転する、といったところです。嘘みたいな本当の話。重さが変わるのです。だから、おもかる石っていうんですよ。母が大学受験に合格するかお尋ねしてその通りになりましたからね。何か会った時はよくお尋ねしてましたよ。でも、あまり何度もいくつもの願掛けはダメですけどね。

 

http://www.y-morimoto.com/jinja22/fushimi.html

 

 

 

昔愛用していた陶器のコップ。ある日なんとな~く気になったので、おもかる石みたいに試してみたことあったんですが、気のせいなのか重さが変わってしまいました。あれ?って。でもそれたった1回だけ。神様がいたずらしたのかしら?

 

今年は少し、お参り作法に気をつけて見てください。神様はみています。

 

あ、ちゃんと感謝の気持ちを伝えてくださいね。願望ばかり伝えていては神様は困ってしまいますよ。

 

 

f:id:chibica:20170102013828j:plain

では、よいお年を。


フェイスブック

https://m.facebook.com/eakstyle?mds=&mdf=1